So-net無料ブログ作成
検索選択

ディズニーランドへ その1 私とディズニーランド [その他]

どうも。ようたろうです。

久しぶりのブログ更新です。
言い訳はしない、忙しかっただけ。

半年ちょっと前、お嫁ちゃんがディズニーランドのペアチケットを懸賞で当ててしまったので、ディズニーランドに行くことになりました。

ディズニーランドに行くにあたり、今回は、「私とディズニーランド」というテーマでブログを書いてみようと思います。


東京ディズニーランドホテル



冒頭での私の言葉遣いに気づいた方もいるかもしれませんが、私はディズニーランドが苦手です。苦手というよりは、「嫌い」と言ってもいいかもしれないレベルです。

しかし、これには理由があります。

小学生の低学年のころ、カブスカウト(ボーイスカウトの小さい子版)でディズニーランドに行くことになりました。当時の私にはもちろん、ディズニーランドに対してマイナスイメージは一切ありませんでした。むしろ、喜んで行きました。特に「カリブの海賊」に行きたいと、みんなと話していました。

当時のことは、詳細には覚えていませんが、2~3カ月に1度くらい会うことがあるメンバーで班をつくり、そこに「マザー」と呼ばれる大人の女性が保護者役として1名配置されていました。


子どもといく東京ディズニーランドナビガイド(2016-2017) (Disney in Pocket)



ディズニーランドに到着した際に、「みんなからはぐれてしまった場合は、シンデレラ城の前に集合しましょう」というマザーからの提案があり、私の所属していた班は、それを約束事として入園しました。

入園してすぐのアーケード内に、何かのキャラクターがおり、同じカブスカウトの恰好をした子供たちが群がっていました。それを目撃した私たちは、「みんなで写真を撮ろう!」ということになり、そのキャラクターに向かい、突撃を開始しました。
しかし、順番を待っていると、なかなか写真が撮れません。カメラマンの方の「みんな一緒に撮るぞ」の一言で、ようやく写真を撮り終わりましたが、ふと気づくと、私の班の人たちが誰もいません。

「しまった、いきなりやっちまった・・・。」

私は約束通り、シンデレラ城に向かいました。

DSC07045.JPG

・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・
待つこと2~3時間・・・。
誰も来やしない・・・。

もうすぐ帰る時間です。私が集合場所に戻ろうと立ち上がったところに、私の班の人たちが偶然通りかかりました。
声をかけた時のみんなの顔は、いまだに覚えています。「しまった!とんでもないことをしてしまった!!」という顔です・・・。
私が集合場所に戻ろうとしても、みんなが引き止めます。そして「カリブの海賊」に連れていかれます。
みんなは、その日2度目という「カリブの海賊」に乗りましたが、私は終始真顔でした。みんなが何とか私から笑顔を引き出そうと、いろいろ話しかけてきて、何とか盛り上げようとしてきますが・・・、これ以上は読むほうもつらいですかね・・・?


東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ



今思うと、あの時「マザー」は何をしていたのでしょうか?

ま、それはさておき、それからです。私がディズニーランドに行ってもろくなことが起きなくなったのは。

安全バーがきちんと降りていないのに、「ま、いっか」と言われてジェットコースターが発車して振り落とされそうになったり・・・。
体調を崩したり・・・。
ホテルが部長と同室なのに、24時過ぎても部屋に戻れず、部屋に戻った際に部長を起こしてしまったり(しかも、独りで飲んでました。私の分のお酒も用意してありました的な感じ・・・)。
祖父が亡くなったり・・・。
新型インフルエンザにかかったり・・・。
徹夜でフラフラだったり・・・。

雨だけは降ったことはないですが、自業自得的な内容もありますが・・・。毎回ろくなことが起きません。

そんな私ですが、子供を2人連れて、ディズニーランドに行くことになりました。
さて、今回はどんな「ろくでもないこと」が起きてしまうのか・・・。
不安になりつつ、次回に続く。

それでは、今回はここまで。


人気ブログランキングへ




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。