So-net無料ブログ作成
検索選択

たまには車について、夢を語ってもいいじゃないか! ホンダ シビックタイプR [車]

どうも。ようたろうです。

今回は車について。先日ジュネーブモーターショーで発表されたシビックタイプRについて。

001_o.jpg

シビックタイプRについて、詳しくはこちらを見てもらった方が良いと思います。



楽天ブックス

今回、私がこの記事を読んで、まず思い浮かんだのは「スマイリー酒井!」
・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・
スマイリー酒井がわからない方はこちらを読んでください。


頭文字D20巻【電子書籍】[ しげの秀一 ]


価格:
540円


(2017/03/16 23:49時点 )

感想:0件



記事を読んで以降、スマイリー酒井が頭の中で話続けます。
「誰に言っても邪道だって言われるんですけどね・・VTECにターボは」
・・・
初めてこのセリフを読んだときは、邪道だ!って思いましたが、ホンダから出ちゃいます。もう邪道ではありません。
「ジャジャ馬ぶりが実感できて かえって面白い!!」
果たして、このクルマもジャジャ馬なんでしょうか??

まさに、漫画に出てきた、夢のような車の誕生というわけです。
しかも、相当カッコいい。

乗りたい!!けど、高いんだろうなぁ~。500万円くらいかなぁ?ちょっと手が出ないなぁ・・・。

ターボが付くとなると、エンジン音はどうなっちゃうんだろう?
ホンダのエンジンの音は人気があり、ホンダサウンドともいわれています。
窓を全開にして、トンネルの中でギヤを1つ落として、エンジン音を楽しむ方もいるくらいです。
ホンダサウンドは憧れの一つではあるけれど・・・。ターボらしい、野太い音になってしまうのかな?
っていうか、私の運転では、300馬力は必要ないんですよね("^ω^)・・・。
上100馬力くらいなくても大丈夫です。っていうか、サーキットにでも行かない限り、使う機会がないと思います。

う~ん。そうなると、もう少し柔いモデルが出ないかなぁ・・・?
ターボ無しで、普通のVTECで、200馬力くらいで、外観ももう少し抑え気味で、羽は付いてなくてもよくて、300万円くらい。

・・・
こんなモデルがでたら、私にとってはどストライクですね。
多分、出ないと思うけどね・・・。
タイトル通り、夢を語ってみました。

ということで、今回はおわり。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

たまには車について、夢を語ってもいいじゃないか! スズキ スイフト [車]

どうも。ようたろうです。

今回は車について、夢を語ってみようと思います。
(注:私は「頭文字D」の影響を強く受けております。)


頭文字D1巻【電子書籍】[ しげの秀一 ]


価格:
540円


(2017/02/23 23:27時点 )

感想:7件




私が、日本の車に、夢も希望も打ち砕かれて、いったいどれくらい時間がたつのだろう・・・。
車情報雑誌に踊る、「ライトウェイトスポーツ」という見出しに、何度心をかき乱され、何度裏切られ続けたことか・・・。出てきたとしても、ほぼ2人乗りか、非常に高価か・・・。
家族を持つ私には、購入自体をあきらめざるを得ません。

ちなみに私は、世間一般でいう「走り屋」ではありません。基本的に、安全運転です。
ただ、峠道を楽しくドライブすることは好きです。
クルマを走らせることが好きなら、それだけで十分走り屋なんだよ!!」

TV通販公式サイト ビートップス(B-tops)

そんな私が車のスペックで気になるのは、以下の点です。
●パワーウェイトレシオ(単位馬力あたりの重量)
●車重
●重心の低さ
●空気抵抗の少なさ

最近では、これらの情報を調べようと思うと、ホームページ等の奥の奥(諸元表とか)まで見に行かないと調べることができません。きっと、興味を持つ人が少なくなったことが原因と思われますが、残念です。
また同時に、最近の車は、これらの数値が悪い車が多いように感じます。
まぁ、これらの数字(特に車重)が悪いのに、燃費が良くなっていることは驚異的に感じますが・・・。逆をいうと、これらの数値(特に車重)がもっとよくなれば、燃費がもっと良くなるのでは?とも感じますが・・・。

なぜこれらの数値が、それほどまでに気になるのか?

それは、「ドライビングは物理だからな!!」

って、私、物理をまともに勉強したことないんですが・・・。
そんな私にもわかる方法で説明しますね。

重い荷物を高く積み上げた台車をイメージしてください。

一人で運ぶのはキツイですね。二人で運ぶと楽になります。つまり、同じ重さのものを動かすには、パワーが大きい方が楽に動かすことができるということです。これがパワーウェイトレシオが良くなるイメージです。

荷物を減らして軽くしてしまえば、一人でも楽に運べます。動き出しもスムースになります。止まるのも楽に止まることができます。方向転換も楽にできます。これが車重を軽くすることのメリットです。クルマが軽いということは、「止まる・曲がる・加速するのあらゆる局面において、走りの次元がちがうと言っても過言ではない」のである。

重い荷物を高く積み上げた状態では、走り出す時も、止まるときも、曲がるときもフラフラして不安定です。思い通りに台車を運ぶのは難しくなります。荷物を低く並べた場合、どうでしょう。フラツキが抑えられ、台車を動かしやすくなります。これが重心を低くすることのメリットです。「重心は低ければ低いほどいいんだ」

傘をさしている時に、強い向かい風が吹いてきたらどうでしょう。さし方によっては、まともに前に進めません。ちなみに、時速50㎞で進むということは、風速14m弱の向かい風の中にいるようなものです。かなりキツイですね。これが空気抵抗が少なくなることのメリットです。「難波のスピードマンは風と友達なんや!」(←!???)

峠道を楽しく運転したい私にとって、これらは重要なファクターです。
パワーウェイトレシオが悪ければ、上らないし。車重が重ければ、下りで止まらないし。重心が高ければ、曲がらないし。空気抵抗が大きければ、エンジンパワーのロスはかなり大きなものになってしまうでしょう。
とにかく、とっても怖いのです。

さて、これらの知識をもとに、スズキスイフトを見てみましょう。
mainimage2.jpg

私が読んだ記事を見てください。


新しいスイフトスポーツは、車重が軽いのです!!
最近の車は、このサイズの車でも1tを超すものばかりです。
この車重は少し感動しました。

しかし、どうやら車重が軽くなったことにより、走りの「しっとり感」が弱くなってしまったとのこと。

「しっとり感」・・・・・・。このクラス(価格帯)の車に必要ですかね?
まぁ、乗ってみないとわかりませんね。

この車には、より走行性能に特化した、スイフトスポーツというモデルが存在します。
これは、かなり楽しみな車になりそうです。

ということで、今回はおわり。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。